巻き爪は爪専用のヤスリでスクエアーカット

爪を暫らく切り忘れたりすると、両方の足の親指が巻爪になるので、なるべく気にかけるようにしています。

親指の爪は、他の指に比べて分厚くなっているので、巻爪になりかけると、爪の端の内側を擦りとるようにしています。

ほって置くと段々そのまま固くなって皮膚に食い込んでいってしまいます。

爪も丸くカーブを描いて切るのではなく、出来るだけ四角くスクエアーカットにします。

これが親指だけはなかなか難しくて、苦戦していますけど。

勿論、カットといっても爪切りで切るのではなく、爪専用のヤスリを使っています。

細かい目の手指用と荒い目の足用の2つを分けています。

つい手入れを忘れると、指先にチクチクと痛みを感じるようになりますので、そこまでなってしまったら、思い切って削れるだけ削ります。

もちろん、スクエァー厳守です。

それでも、ダメなら消毒した脱脂綿を詰めて、爪の両端を出来るだけ皮膚から離すようにしています。

毎日のお風呂で、爪の中のゴミや固くなった親指周りの皮膚の手入れを念入りにすれば、巻爪にならないようにも思うのですが、ついつい・・・放置して気付くと言ったパターンが多いです。

でも、まだ病院には行ったことはないです。

☆おすすめ巻き爪治療グッズランキング☆

 巻き爪ブロック
第1位は「巻き爪ブロック」
巻き爪ブロックは、爪の上に装着して巻き爪を矯正するグッズです。

爪を持ち上げて矯正する器械の巻き爪ロボと組み合わせて使用すると、より効果的です。

市販の巻き爪矯正グッズの中では、比較的値段も手頃で、なおかつ矯正力がとても高いという優秀なグッズです。

爪の上から装着するので、個人の爪の大きさや、巻き爪の進行具合によってタイプが分かれているので購入の際には注意が必要です。

自身の爪の状態に合わせて、自分で手軽に巻き爪の矯正を進められるという大きなメリットがあります。

また、装着時の見た目がネイルアクセサリーのようにも見えるので、人目を気にすることなく、生活に取り入れる事ができます。

巻き爪ブロックを使用すれば、自分で手軽に効率よく巻き爪の矯正を進める事ができます。
 
 
巻き爪ブロック  
 
 巻き爪ロボ
第2位は「巻き爪ロボ」
巻き爪ロボは、自分で自宅で巻き爪を治す事ができる矯正器です。

爪切りのような手軽な感覚で巻き爪を治せるので痛みもありませんし、面倒な通院もする必要がなくなります。

完治するには時間がかかり、治療には大変な根気がいる巻き爪が、この巻き爪ロボを使えば、自宅で手軽に空き時間などで矯正が可能です。

爪の形によって巻き爪の症状も変わって来ますが、巻き爪ロボは左右で厚みが全く違うなど、極端に変形してしまった爪でも、無理なく矯正することができます。

巻き爪の症状が進んで、治療を諦めていたような方も、通院が面倒で、途中で治療を断念してしまった方も、巻き爪ロボを使えば、自宅で自分のペースで矯正を進める事ができます。
 
 
巻き爪ロボ  
 
 巻き爪ワイヤーガード
第3位は「巻き爪ワイヤーガード」
巻き爪ワイヤーガードは、特殊な形状記憶合金ワイヤーを使用した巻き爪治療の矯正具です。

形状記憶合金ワイヤーの両端のフックを爪に装着する事で、足の肉に食い込んでしまったような巻き爪を持ち上げ、痛みを和らげてくれます。

ワイヤーの装着後はベージュの保護シールを貼ります。

保護シールは肌の色と同じなので目立ちにくく、毎日取り替えるので衛生的です。

病院に行かなくても手頃な価格で、自宅で治療できます。

巻き爪ワイヤーガードのおすすめ点は、即効性です。

装着した瞬間、肉に食い込んでいた巻き爪が持ち上がるのがわかる為、その時感じていた痛みや圧迫感から、スッーと解放され気持ちが良いです。

また、使用を続ける事でリフトアップを癖付けてくれます。
 
 
巻き爪ワイヤーガード

コメントを残す